施設案内

HOME | 施設概要

園長あいさつ


児童期の生きていく力、育ちを支援します。
学園で基本的な生活習慣の確立、社会のルール・マナーを学び、社会的自立を支援します。学齢児は、筑後養護学校の小学部・中等部・高等部へスクールバスで通学し、勉学や生活学習に取り組んでいます。卒業後は、地域の職場で仕事に従事したり、学園の作業訓練などに頑張っています。

園の概要

名称

障がい児入所支援施設 第二白梅学園

施設長

松井 公弘

所在地

〒832-0004 福岡県柳川市矢加部539

設立

昭和47年4月1日

連絡先

T  E  L:(0944)-72-0012
F  A  X:(0944)-72-0113

定員

20名

支援の基本

◇一人ひとりの特性を生かし、長所をほめて可能性を伸ばします。
◇健康な体で、生きる力を育てます。
◇小さな成長・発達に目を留め、大きな喜びとします。
◇根気強く、継続した取り組みを行い、過程を大事にします。
◇共に汗を流し、共に喜び、笑顔のあふれる陽気な暮らしを創造します。
◇より豊かな生活の質の向上を図ります。

 

園の歴史

昭和47年

第二白梅学園設立認可、(養徳苑と同居) 定員30名

昭和48年

現在地に新築移転  定員30名より50名に変更(一般棟40名、重度棟20名)

昭和48年

蒲池小 ・ 中学校分校併設

昭和54年

分校廃止(S54.4より県立筑後養護学校開校)

平成16年

全面改築 ・ 知的障害児施設「第二白梅学園」(定員20名)と知的障害者更生施設「第三白梅学園」(定員40名)の併設型施設として発足

平成20年

自立訓練棟(桃太郎パン工房)完成 鉄筋2階建て