施設紹介

運営指針

在宅の虚弱な方や、寝たきりの方、
また身体障害者が、身近な所でデイサービスを利用できるようにするため、
センターへの通所によるデイサービスを提供します。
利用者の生活の援助や社会的孤立感の解消、
あるいは心身機能の維持、向上等を図るとともに、その家族の身体的、精神的な負担の軽減を図ります。
 
 

重点目標

  •  利用者の事故が無いように細心の注意を払う。
  •  サービス別アンケートを実施し、よりよいサービスの提供と創意工夫に努る
  •  介護保険制度下の、ケアプランの導入による個別処遇方針への見直しを図り、
  •   個々に応じたサービス計画への充実を図り、利用者へのサービス提供への向上に努める。
  •  利用者の日々変化する身体、精神状況を把握するためにもケース記録の整備を行う。

 


桃源郷での一日


年間行事


サービス別目標

 

 

 

桃源郷に軽自動車自動車総連が贈呈

平成14年10月1日、デイサービスセンター・ヂンナー桃源郷に、全日本自動車産業労働組合総連合会(自動車総連)から、カーナビ付きの軽自動車660CC1台(時価約150万円相当)が贈られました。
桃源郷で贈呈式があり、福岡ダイハツ販売労働組合の荻島祐貴執行委員長が金納理事長に目録を手渡しました。これに対し、金納理事長が荻島執行委員長に感謝状を贈呈。金納先生は「毎日45人ほど見えています。大きい自動車は細い道は行けません。老人の方が大変喜んでおられます」と話しておられます。桃源郷では介護保険導入後、大川市や三橋、大和、大木町からの市外利用があります。区域ごとに送迎しており、贈られた軽自動車は送迎などで有効活用されます。
自動車総連には75万人が加盟。一人220円の福祉カンパで福祉施設に自動車を寄贈しています。